ブログ担当です


先日、VSに帰って来てくれたメイコウくん
帰厩翌日には退厩前と何一つ変わらない様子で
すんなり放牧に馴染んでいました
DSC02582

メイコウくんの競馬引退時、
引退理由となった怪我の影響で
彼が再び人を乗せて走れるようになることは難しいと判断していました。
そんなメイコウくんが次の行き場を見つけることは容易ではありませんでした。
それでも、競馬引退後もメイコウくんが活きられるようにと
VSに帰って来るまで彼をサポート・管理してくださった方々のおかげで
VSに留まっていては会えなかった多くの人と出会い、
VSではできなかったたくさんの経験を積んで帰ってきてくれました。
メイコウくんがお世話になった方々、
お力添えありがとうございます

メイコウくんのVS帰厩が決まった時、
彼の肢はもう人を乗せることには応えられないと判断し、
彼が生きられる場所を探すことにしました。
モンさんとグラスくんの余生のこともあり、
3名が余生を過ごせる場所として私達が彼らに準備できたのは
鹿児島県のホーストラストさんでした。
VSが養老馬を何頭も養うことはできないので。
メイコウくんはVSの自馬という形ではなく、
スポンサーホースとしてホーストラストさんでお世話になれるよう
今は話を進めています。

メイコウくんはモンさんとグラスくんよりも一足先に鹿児島に移動予定です。
移動は9月末予定とのこと。
(移動日の詳細はまだわかりません
メイコウくん移動後、モンさんとグラスくんは一緒に鹿児島に行きます。
今のところ、ふたりの移動は10月10日以降になるとのことです。
移動日についてはわかり次第お伝えします。



競馬引退後、
すぐには余生を過ごせる選択肢を手にすることはできなくても、
競走成績だけではない、
多くの人との出会いや様々な経験といった
馬自身の財産と言える人との関わりやチャンスを手にして、
生産性にとらわれずに余生を送れる馬が増えればいいなぁと思い、
VSでは引退馬の転用活動を続けています。
だから、養老牧場と同じ活動はできません。
少しでもご理解頂けると幸いです。



「Amazing TIME」
http://vigorouss.thebase.in